読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音の鳴る儘

自分の好きな音楽を、好きなまま語ってく

自分はスプートニク派です。

バンド ロック 新譜 the peggies 音楽

the peggiesがこないだ新曲出しましたね。

両A面シングル「スプートニク/LOVE TRIP」。

 

両曲とも結構中毒性が高い。某地下室ではLOVE TRIPが激推しされ、さらにthe peggiesブームを加速させたような気がします。確かにthe peggiesって他バンドには無い独特のセンスを持っている。楽曲はとても独創的でいてバンドという枠には囚われない曲が多い。「LOVE in the TOKYO」なんかはまさにそれ。クラブなんかで流れても違和感のないまさにパリピ向けの曲だと僕は思う。今回のシングルにはこの曲の[ぺぺぺぺremix]が収録されておりそちらの方がパリピ向けだと思う。まさにバンドという枠に囚われていない。実は彼女ら、まさかの自主レーベル勢。

 

と言っても昨今の音楽事情的なものでは自主レーベルって珍しくないわけで。

そんな彼女らのレーベルの名前が「ぽっぽエクスプレス」。

 

こうゆうのほんと好き。だからバンドって好き。最近は変わったバンド名をつけるのが流行りだなんだと言われているけど、挙句の果てにはレーベル名まで。

 

何事もインパクトが大事。インパクトとはかけ離れたゆっる〜い名前だけどね。

 

そして何気に初シングルなんだからなんとも喜ばしいことか。

 

ガールズバンド戦国時代と呼ばれているらしい現在。

彼女らの立ち位置はまさに異質。

 

ここにきて一気に増えたように思う。ガールズバンド。

SCANDALやサイサイは完全に別種ととらえるとして、ねごと、yonige、絶景クジラ等々。SHISHAMOを筆頭に最近の邦楽シーンでは彼女たちの活躍がなんだか眩しい。

 

そんななかペギーズが彗星の如く登場した。話題に上がるきっかけは何だっただろう。

自分はこの曲で彼女らを知った。

youtu.be

映像の雰囲気からも哀愁漂うこの曲。イントロのギターからもう好きで、

サビ前のブレイクからの流れるようなメロディがなんとも気持ちいい。

歌詞も見事なダークさを抱えていて、先に挙げた「LOVE~」と同一のバンドとは思えない雰囲気の差。彼女たちはいったい何を抱えているのだろうか。ボーカルゆうほ氏のあどけなさが何とも言えない。

 

これを聞いてアルバム「PPEP1」を聞いてみた。PPAPではない。Eだ。

 

PPEP1

PPEP1

 

 JAMがすごい気に入っていただけにわくわくしながらアルバムを聴き始めた。

一曲目のJAMが終わり2曲目に突入。

「どきどき☆レボリューション」

 

めっちゃ乙女か!!!!

 

ああ僕は最低だなんて歌ってたのにめっちゃ女の子要素強くなって衝撃だった。

なるほどと思いきや次曲「カウンター!」

 

恥ずかしい程に私、今、恋に落ちています。

 

いや乙女か!!!!

 

恋に落ちるきっかけってこういったギャップゆえなのかも知れないなと謎の解釈と納得をした僕。

いや、最初にしったペギーズがJAMみたいな少しダークさを孕んだイメージだったから、こんな誤解的感想を抱いているのだろうと思う。

 

女の子だもんな、そうだもんなと謎の落胆をしつつもJAMがかっこいいからペギーズは好きになった。

 

そして


the peggies / グライダー(Music Video)

 

かっこいいの来た。完全に。

 

待ってましたと言わんばかりのテイストの曲。

やはり我はこういう単純な曲が大好き故。ギター超好きだこういうの。

そしてこちら収録のアルバムももちろん購入。

 

NEW KINGDOM

NEW KINGDOM

 

 

ときめきシンフォニーのんーまっ!やられた僕。

ペギーズ戦略にまんまと振り回されているわけだが、なかなかあざとい彼女ら。

 

キャリアが意外と長いのには驚いた。

バンド歴は中学2年生のころかららしい。

なるほど、だからこその安定感。

 

ボーカルのゆうほ氏は弾き語りもしているとのことだが、弾き語りをしてるバンドマンてなんか好きなんすよね自分。アコギ一本で歌えるのすごくかっこいいよね、路上とかでやってるの見ると結構聴き入る。感情がもろに出て熱量が直に感じられる。バンドサウンドとはちがう魅力が確かにある。生の音。素晴らしい。

 

さて、そんな大いに振り回されまくりな僕は、今回のシングルでも大いに・・。

 

 

これが違う。両曲ともとても僕のツボにどハマりな曲となっていた。

 

とくに推したいのが「スプートニク」。

正直「LOVE TRIP」の方がバンドサウンドとしては強いわけだし、かつキャッチ―でわかりやすい。ロックチューンという言葉がストンとおさまるナンバーなわけだが、「スプートニク」僕が好きなJAMに通ずる部分があるのかなと思った。

曲の構成、音作りでは全く異なると思うけど、歌詞がJAMを彷彿とさせた。

付かず離れずな僕と君の関係を歌った歌。彼女の潜在意識にある人との関りや、人間関係の価値観、考えがにじみ出ているようなそんな気がした。

サビのメロディがとても胸に響く、綺麗な曲。宇宙をイメージさせてくれるこの曲が、僕的にしっくりきた。

 

自分は音楽聞くときってそんな歌詞に関心持たないわけ。ぶっちゃけ。

ギターかっこいいとか、メロディいいとか。普段あんま考察せず深く考えずに直感で聴くことが多いのね。洋楽とか和訳あんま見ないしね。

そんな僕が妙に歌詞を意識して深く考察してしまったバンド。the Peggigs。

 

その歌手がいったいどんな意図でその言葉をチョイスしたのか、どういったことを思ってその一文が出てきたのか。そんな部分を気にしながら、音楽を聴くのもいかもしれないですね。

 

以上。

 

スプートニク/LOVE TRIP

スプートニク/LOVE TRIP